• メイン画像
イメージ

自生の高山植物を大切に花々と過ごす山麓の時間(矢島邸)

矢島隆夫様・みどり様 ご夫妻

イメージ浅間ハイランドパークでのセカンドハウス暮らしも今年で10年目を迎える矢島様ご夫妻。落ち着いたグレートーンの三角屋根の建物が、眩しい新緑のグリーンによく似合います。
敷地を訪ねてみて最初に気づくのは、この土地特有のカラマツやアカマツ以外に、ミズナラなどの落葉樹が目立つこと。東京のご自宅でも庭づくりに勤しみ、植物にも詳しい奥様・みどりさんが、この場所をひと目で気に入った理由も、この植生環境にありました。
「当初は軽井沢の駅近くに土地を探していたのですが、よい出会いがなく、とあるきっかけから北軽井沢まで来てみたら、まず気候が違いますよね。爽やかで気持ちがいいなと。パークの土地をいくつか案内してもらうなかで、この一画だけ特に木々の種類も多く、なにより希少な高原植物が豊富に残っていることに驚いて、嬉しくて」

イメージさっそくそのお庭を拝見。コケモモ、アサマブドウ、ガンコウラン、マイヅルソウ、ノリウツギ、スズランにヒトリシズカなどなど。自生の高山植物をあるがままに残し、大切に増やしていらっしゃる様子がよくわかります。ここへ来て、それまで興味のなかったご主人・隆夫さんまですっかり庭に開眼!ブルーベリーやモミジなど、花や秋の色づきを楽しめる庭木を植え、手入れすることを楽しみ始めたそう。「あんまり余計なものは増やさないでよと言ってるんですが」と苦笑するみどりさんに、笑って応える隆夫さん。
庭仕事以外にも、隆夫さんが腕を振るう地物野菜たっぷりの料理(特に朝ごはんは、同僚たちがそれを楽しみに訪れるほどの絶品だとか!)、特徴的なコンサバトリー(ガーデンルーム)で景色を眺めながらのティータイム、時にはお子さん家族や友人と一緒の賑やかなバーベキューなど、別荘ライフを存分に楽しむご夫妻。
アーチ状のコンサバトリーは、みどりさんの希望を元にDK建設の設計士が実現。洗面台には、陶芸が趣味のみどりさんお手製の陶器のボウルを取り入れるなど、細部に至るまで思い描いたとおりの空間になったと、ご夫妻揃って建築には大満足。「和室は後から増築してもらったのですが、どこからが付け加えた部分かわからないほど自然に、バランス良く改築してくれて、DK建設さんには何から何まで感謝しています」
ご夫妻が大切に少しずつ手をかけた家や庭が豊かに実っていくように、この場所で過ごす時間もまた、ますます充足を深めていくに違いありません。